Solo Exhibition “paont” 2022 Art Spot Korin 個展 描く 2022 Art Spot Korin 私は学生の頃、美術の授業が得意ではなかった。 昨年、中学校の教壇に立ち、自分が美術を教える側になった。 生徒に最初に伝えたのは「絵の上手い、下手で評価を変えない」ということ。 一年間の授業の中で、参加した生徒全員が課題に取り組んでくれたことはうれしかった。 美術の教科書は新しくなっている。最近の美術の動向も紹介し、古臭さはあまり感じない。しかし、生徒を見ていて、美術はこうあらねばならないという、やや重苦しい空気を感じた。もっと、自由でいいし、気楽に課題に取り組んでほしいと思ったが、その苦手意識や、とっつきにくさは分からなくもなかった。 いくつか課題をやった中で、異様なほど生徒の食いつきがよかったのがマーブリングだった。 画用紙を何枚も使って描く生徒も多く、頭の良し悪しや、障がいの有無にかかわらず、その楽しんでいる姿からは、描くことへの欲求と、それが満たされている様子が見て取れた。
Playground of Color year: 2022 色の遊び場 制作年: 2022年 来場者はマーブリングをすることができる。作品は会期中、展示される。
Landscape & Mediums year: 2022 18min 風景とキャンバス、そして映像。時間が経つにつれ次第に、それぞれが画面を構成する要素へと変化し、「写す対象」と「メディア」との関係が崩れ、1つに合わさっていく
three languages year: 2022 生徒たちに3つの異なる言語の辞書をそれぞれ使って絵しりとりを描いてもらった。
SINCE 2013.03.10- Copyright © 2013-AKIRA Kazuki All rights reserved.