Solo Exhibition “Painting on Shintoism”

2020

2kw gallery

 

As Akira traveled around the world and visited churches or sacred places in different lands, he became curious about the connection between ideologies and materials which were originated in each land.

Throughout history, Japan had imported cultures and religions and was greatly influenced by outside countries.

However, Akira believes the biggest influence we get has always been from the natural disasters in our land. In the western world, for instance, people give more importance to the relationships between people. Educated knowledge is required even in religion, and people need philosophy as a continuation of religion in order to develop/educate “individual” not “group” . While in Japan, even now the attitude towards nature is regarded as more important than humans. Thus between the western world and Japan, there is a big difference in the structure of religion (ideology/philosophy) itself.

For Akira, a painting (art) is an “object” which can be completed by having an ideology (religion) as a base. He re-examined paintings through the fundamental premise of Japanese Shintoism.

As a consequence, from the perspective of Shintoism towards objects, he attempted to create not a medium to tell something, but a place in which the audience can perceive a painting or the space where the painting exists with a special way of seeing.

 

個展 絵画

明楽は世界を旅し、各地の教会や聖地などを巡る中で、その土地から生まれた思想と物質との関係に関心を持った。

日本は歴史の中で、他国から宗教や文化を輸入し、大きな影響を受けてきている。 しかし、人が災害や、この日本の地から受ける影響はどの時代においても、なによりも強烈なものであると、彼は考えている。 例えば、西洋では人対人の関係が重要で、個人のために、宗教でも教義が必要であり、その延長で哲学も求められるが、日 本の場合、人よりも環境へ向けた姿勢が重要視されており、それは現在でも変わっていない。そのように西洋と日本では、宗 教(思想)がもつ構造自体が大きく異なる。 そして、絵画(アート)を、ある思想(宗教)を土台として、成立する「物」と捉え、その土台を神道に入れ替え、絵画を再考した。 その帰結として彼は、作品に神道の物質観を取り入れることで、なにかを伝えるための媒介としてではなく、絵画そのものや、 置かれている空間自体を、特別視できるような場の創造を試みた。

 

2kw gallery

撮影=八木シンジロウ

 

 

Melting Painting year: 2020 venue: 2kw gallery(Shiga) material: acrylic canvas, ice cream bar On an acrylic canvas, an ice cream bar is placed at a specific time. Each ice cream bar melts and draws an abstract pattern on the canvas and falls down to the floor. The canvas is changed every day to a new one. Melting Painting 制作年: 2020年 会場: 2kw gallery(滋賀) 素材: アクリル、アイスクリーム アクリル板でできたキャンバへ決められた時間に、それぞれアイスが一つずつ置かれる。アイスは自然に溶け、キャンバス上に 抽象的なイメージをつくっては、落下していく。作品は毎日、新たなキャンバスに交換される。
marbles year: 2020 venue: 2kw gallery(Shiga) material: marbles A number of marbles on the floor. The position of the marbles keeps changing as the audience comes in and randomly kicks them. marbles 制作年: 2020年 会場: 2kw gallery(滋賀) 素材: ビー玉 床に大量のビー玉を転がしており、来場者がそれらを蹴ることで、配置が変化し続けた。
Touch year: 2020 venue: 2kw gallery(Shiga) material: bubble machine, sensor The venue was in a unique building with many windows which allowed the room to have natural lighting. Akira then combined soap bubbles and natural light which created small rainbows. By using soap bubbles floating in the air and the natural lighting (light being the origin of colour), he recreated the “touch” (trace) of paintings as a phenomenon in space. Touch 制作年: 2020年 会場: 2kw gallery(滋賀) 素材: シャボン玉生成器、シャボン液、センサー 会場は窓が多く、自然光を取り入れた独特の建築となっている。そして、明楽はシャボン玉と自然光を組み合わせ、小さな虹 をつくり出した。筆跡における「タッチ」を、宙を漂うシャボン玉と、すべての色の根源である自然光を使用することで、現 象として空間に再構成した。
SINCE 2013.03.10- Copyright © 2013-AKIRA Kazuki All rights reserved.